1. HOME
  2. ブログ
  3. 【共榮(きょうえい)トンネル】不思議な“2段トンネル”で幻想的な写真を撮ろう!

【共榮(きょうえい)トンネル】不思議な“2段トンネル”で幻想的な写真を撮ろう!

共榮トンネルトップ画像

差し込む光が緑色に反射、幻想的な共榮トンネルについて

小湊鉄道 養老渓谷駅を降りて、

約30分ほど渓谷を下りに歩いたところに、

話題の人気撮影スポットがある。

千葉県大多喜町の観光名所です。でもほぼ市原市ですよね。

近くは、道幅が狭く駐車、停車ができないので

車の場合は利用している、近くの施設から徒歩か

小湊鉄道の利用が必要となる。

駅からの道中は大自然が感じながら歩けるので

約2kmと距離はあるものウォーキングを楽しみながら

目的地へとたどり着ける。

近隣には天然温泉宿多数、足湯へ立ち寄りもオススメ♪

肉眼だとトンネル内はやや暗く綺麗な緑は見えにくいのですよ。…これはお高いカメラじゃ無いとちゃんと撮れない?と焦りましたが、撮影すると「ポスターで見たことのある鮮やかな緑色の絵」が撮れて嬉しかったです。撮影の際は道幅が狭いので通過する車には十分な配慮を!またご自身の安全にもお気をつけください。

 

トンネルを抜けてすぐ共榮橋があり、

共榮橋

橋から見える養老川のせせらぎで心が癒されます。

雨天時は霧がかかり、大自然の趣ある景色が見れることも。

共榮橋からの景色

 

位置について

場所がわかりづらい場合はスマートフォンで「奥養老バンガロー村」さんにセットしてみてください。ぼくもそれでたどり着きました。

〒298-0267 千葉県夷隅郡大多喜町葛藤176

どうして穴が2段あるのか?

上の穴はもともと使用されていたルートとのこと、その道が山を大きく迂回しており、下の山を突っ切るルートが新たに掘られ現在の姿に。

その昔、電気がまだ通っていない時代に光を確保するために掘ったのではと仮説を立てていたのですが、全然違いました。この日、詳しい方にたまたま出会い教えていただきました。とっても面白い風景ですよね。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事