1. HOME
  2. ブログ
  3. 【国道297号線沿い】オープンしたら近隣エリア唯一となる飲食店“さすらいカフェ”が市原市平蔵にできる!

【国道297号線沿い】オープンしたら近隣エリア唯一となる飲食店“さすらいカフェ”が市原市平蔵にできる!

さすらいカフェ市原平蔵店外観

 

新たにできるグルメスポットに期待の声!

場所は、鶴舞市原ICから降りて大多喜方面に向かう途中の「旧平三小学校」(市原市平蔵808)手前付近。近隣施設には「ベルセルバカントリークラブ」を始めゴルフ場が多数点在、観光などで多くの車が行き交う国道297号線(大多喜街道)を通る人なら、ここの現場を見て関心を寄せる人は多いのではないだろうか。

広い敷地に2階建ての店舗ができ上がり1階は「さすらいカフェ 市原平蔵店」、2階は同経営会社と重機など扱う会社の事務所になるとのこと。

近隣エリアには飲食店はなく、いままでは勝浦方面に行くにも、千葉方面に行くにもただ通り過ぎるだけのエリアであった「市原市平蔵」に新たなグルメスポットができるとあって、近隣住民からは期待の声が広がっている。また、大多喜町の名店「さすらいカフェ」の2号となる同店、ファンからも熱い応援メッセージや多数のメディアから取材がきているとのこと。

「さすらいカフェ 市原平蔵店」は2019年秋オープン予定、現状建物は完成。オープンに向けテーブルなどの内装チェックと水道関係の処理工事を残すのみとなっているのだとか。株式会社さすらいカンパニー 代表取締役社長の土田 剛彦(つちだ たけひこ)さんからは「早くて9月中旬にはオープンしたいと思っています」と語ってもらった。

さすらいカフェ市原平蔵店マップ

市原市屈指のレジャースポット「市原ぞうの国」の最寄りICである市原鶴舞ICを降りて右折(大多喜方面)。西願寺阿弥陀堂(さいがんじあみだどう)付近で現在開店準備中!今はまだ検索ができないが正式な住所は市原市平蔵1399-1となる。

余談ですが、市指定重要文化財である、西願寺阿弥陀堂は通称:光堂(ひかりおどう)と呼ばれて旧平三小学校の校歌にも出てくるんですよ。

旅がテーマの小さなレストラン「さすらいカフェ」とは?

市原市と大多喜町を繋ぐ七曲りを降りて最初の交差点にひっそりと店を構える「さすらいカフェ 大多喜町店」(2016年3月にオープン)。「(地方に遊びに来た方々が気軽に立ち寄れるような)旅先のお店になりたい」という熱い想いを胸に、地元の人にも愛されているお店作りをしているとのこと。カレーやハンバーグと言った定食メニューを素敵な空間で味わえるとあって、連日お店には多くの人が訪れる、大多喜では隠れた名店

地域のイベントに積極的に参加して、料理を振舞っている同店。なんと年間80件ほどイベント出店のオファーがあるというから驚きだ。

店名 さすらいカフェ 大多喜店
住所 千葉県夷隅郡大多喜町横山673-1
電話番号 0470-82-8366
営業時間 11:30〜17:00(金・土・日曜は11:30〜15:00・17:00〜21:00
※LO30分前
定休日 木曜、イベントのため臨休あり
公式サイト ホームページ
人が少しづつ減っている「平蔵」に新たな風が吹く!と期待で胸が高鳴ります♪正式なオープン日はまだ未定ですが、今からオープンが待ちどうしいです!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事